ED治療薬のエース!シアリス&タダシップの働きを教えます

タダラフィルの特徴

medicines and money

ED治療薬にはさまざまな種類がありますが、それぞれにED治療の働きを担う成分が含まれています。
世界で初めて生み出されたED治療薬であるバイアグラの場合は、シルデナフィルという成分がそれにあたります。その次に生まれたドイツ製のED治療薬、レビトラはバルデナフィル。そしてわれらがシアリスは三番目に生まれ、タダラフィルという成分がED治療を担います。タダラフィルの効き目が体の中にある間は、何にも妨げられることなく勃起をすることができるようになるのです。
シアリスに含まれているタダラフィルの特徴、シルデナフィルにもバルデナフィルにもない特徴というのは、何かというと「ゆっくり効く」ということです。
いずれの成分も、勃起不全の原因となっている酵素(PDE5)を抑制することで勃起不全を解消します。PDE5は勃起しようとするペニスを通常サイズにとどめておく働きがあるというおせっかいな酵素で、この働きを抑えることで、勃起がスムーズに行えるようにするわけです。
同時に、ペニスの血管を拡張させて血液をたっぷり流入させ、勃起がより力強くなるようにサポートします。
これらの働きが、シアリスの場合はゆるやかで、長く続きます。バイアグラなどを飲むとかなり固く太く大きく、いわゆる「痛いほど固くなる」という感じになりますが、シアリスの場合はもっとおとなしく、より自然な勃起になります。そのぶん効果が長く続き、実験では実に24時間以上、勃起不全に悩むことなく自由に勃起できるという結果が出ています。

ページのトップへ戻る